旅行券のプレゼントを両親に

二人だけの幸せな思い出を一つ増やしてもらう♪おすすめ商品ピックアップ!

旅行券,プレゼント,両親

 

例えばご両親に旅行のプレゼントをしたいなら。

 

まず思い浮かぶのが、大手旅行会社の旅行券で贈るという方法ですよね。何となく安心感というか信頼感がありますよね。また最近は冊子タイプの旅行のカタログギフトもとても人気があります。こちらもカタログギフトならではのメリットがあります。

 

こちらのページでは当サイトおすすめの旅行ギフト商品をご案内しています。ご両親へ旅行のプレゼントをお考えなら。ぜひご参考ください。

 

 

 

お馴染みの旅行会社の旅行券でプレゼントなら

 

考えるのはどういった形で旅行をプレゼントするのかということ。

 

旅行を贈る方法は、例えば旅行会社の旅行券という方法はメジャーですよね。

 

皆さんご存じな最大手旅行会社のJTB旅行券のナイストリップなどは定番です。旅行会社が用意するプランの中から好きな商品を選んで使うことができる旅行券ですよね。人気商品をご案内します。

 

JTB

JTBの旅行券には主力商品の『ナイストリップ』と『トラベルギフト』があります。

 

ナイストリップ

商品の特徴 ナイストリップは長く販売されているJTB定番の旅行券です。
お値段 1000円、5000円、10000円の3つの価格帯で販売されています。5万円分なら1万円の旅行券を5枚購入といった形ですね。また旅行券の表面に金額が書かれています。
使い道 宿泊・国内・海外ツアーまで様々な旅行のご購入に
購入方法 全国のJTB支社やグループ店舗、また公式サイトからのオンラインでの購入も可能です。
使い方 利用場所は、全国約800店のJTBグループ店舗JTB支社やグループ店舗での使用となります。お店に行ってスタッフの方に説明を受けながら希望の使い道を決めるという使い方ですね。現在オンラインでの使用はできません。
ギフトサービス 希望に応じてギフトラッピングや熨斗(のし)などを指定できます。また旅行券の表面にメッセージをプリントしてもらえるサービスもあります。
有効期限 有効期限はありません。
公式サイト

ナイストリップ
正確な情報は公式サイトでご確認ください。

 

 

トラベルギフト

商品の特徴 トラベルギフトはJTBのカード型の旅行券です。
お値段 5000円から50万円まで購入する人が自由に金額を決めることができます。
使い道 宿泊、国内・海外ツアーまで様々な旅行のご購入
購入方法 全国のJTB支社やグループ店舗、また公式サイトからのオンラインでの購入も可能です。
使い方 利用場所は、全国のJTB支社やグループ店舗での使用、また公式ウェブサイトでのオンラインでの使用も可能です。
ギフトサービス 希望に応じてギフトラッピングや熨斗(のし)などを指定できます。また有料オプションでカードに家族の写真をプリントしたりなど自由にデザインすることができます。
有効期限 有効期限は1年と10年となっています。
公式サイト

トラベルギフト
正確な情報は公式サイトでご確認ください。

 

 

 

近畿日本ツーリスト

大手旅行会社の近畿日本ツーリストもよく利用されたりお馴染みの方は多いと思います。定番の『ツーリスト旅行券』という商品があります。

 

ツーリスト旅行券

商品の特徴 ツーリスト旅行券は近畿日本ツーリスト定番の旅行券です。
お値段 1000円、5000円、10000円の3つの価格帯で販売されています。5万円分なら1万円の旅行券を5枚購入といった形ですね。また旅行券の表面に金額が書かれています。
使い道 海外旅行「ホリデイ」、国内旅行「メイト」、「クラブツーリズム」等のパッケージツアー、JR券、航空券、宿泊券等のお支払に。現地払いのホテルや旅館には使用できません。
購入方法 全国の近畿日本ツーリストグループのお店、また公式サイトからのオンラインでの購入も可能です。
使い方 利用場所は、全国の近畿日本ツーリストグループの店舗ならびに一部の代理業者・特約店の窓口での使用となります。お店に行ってスタッフの方に説明を受けながら希望の使い道を決めるという使い方ですね。現在オンラインでの使用はできません。
ギフトサービス 希望に応じてギフトラッピングやボックス、熨斗(のし)などを指定できます。
有効期限 有効期限はありません。
公式サイト

近畿日本ツーリストの旅のギフト
正確な情報は公式サイトでご確認ください。

 

 

 

旅行券のメリット、デメリットって?

 

メリット

 

色々使える

大手旅行会社の旅行券は使える選択肢が多いです。それはメリットでしょうね。提案されているプランは幅広く、旅行系以外にもレストランでのお食事や航空券など使い道も色々あったり。逆に汎用性の高さが具体的な旅行のイメージができないデメリットにもなっているという印象もあるかもしれません。

 

有効期限がない

有効期限が設けられていない旅行券もあります。定番商品のJTBのナイストリップ、近畿日本ツーリストの『ツーリスト旅行券』なども有効期限がありません。

 

デメリット

 

金額がわかる

また商品に金額が書かれている商品が多く、差支えない場合はいいのですが、贈る相手に金額が分かってしまうという点があります。これはデメリットにもなるので注意したいですね。要するに金券的なイメージがあります。

 

使う時にお店に行く必要がある

あとは最寄りの代理店などを探して店舗に足を運ぶというのがメインの使い方になると思います。お店で話を聞きながら行きたい旅行先やプランを選ぶというパターンですね。これも手間といえば手間かもしれませんね。最近はウェブからの申込ができるカードタイプの旅行券もありますが、その場合もお相手の方がパソコンやスマホを使える必要があります。

 

 

旅行のカタログギフトの特長。交通費は?

 

もうひとつ両親に旅行のプレゼントを贈る方法があります。旅行のギフトカタログを活用する方法です。

 

消費者の多様なニーズにしっかりと答えてくれるコンテンツ充実な体験ギフトブランドがあります。昔とはひと味違うといった印象ですよね。やっぱり本物の価値がないと今は贈り物も成立しない、そんな感じです。

 

 

お客様の声を反映した、国内の人気の老舗温泉旅館や一流のリゾートホテルなどが選りすぐりのラインナップで収録されています。一冊の冊子にまとめられているので行きたい場所を選んでもらいやすいというメリットがあります。

 


カタログご利用者の声|旅行、温泉、体験商品満載カタログギフト

 

もちろんご予算に応じて各種価格帯、用途に応じてシリーズ展開されています。行きたいと思っていた目的地や一度宿泊したかった旅館やホテルが掲載されていることも少なくなかったり。

 

旅行のカタログギフトのデメリットは?

 

近年支持が広がっている旅行のカタログギフトですが、デメリットと感じるポイントもあります。旅行のカタログギフトのデメリットについて取り上げてみます。

 

交通費

デメリットの一つとしては交通費は自己負担ということでしょうか。宿泊料金、食事付きプランなら朝食や夕食代金は含まれていますが、お宿までの交通費は含まれていないので、ご自身でお支払いいただく必要があります。ですがご両親が自家用車でのご旅行がお好きだったり、鉄道にしても自分達が行きたい観光スポットなどを立ち寄りながらの自由度を優先される方もいらっしゃるでしょうしこちらも一長一短があるでしょうね。

 

除外日

旅行のカタログギフトには除外日として決められている日があります。要するに混雑が予想される日などです。この除外日には予約をすることができません。ある程度自由に旅行に行きたい日を決めることができるご両親ならさほど問題ではありませんが、お忙しいご両親ならデメリットになるでしょうね。

 

有効期限

一般的にカタログギフトには有効期限があります。有効期限内に利用する必要があるということですね。有効期限を過ぎると使うことができなくなります。ですが充分な期間が設けられていますし、有効期限が設定されているからこそもったいないので一定期間内に使ってもらえるという見方もできるので一概にはデメリットとは言えないかもしれませんね。

 

 

北海道から九州、沖縄まで。二人で選んでもらえる楽しさ、予約もカタログから電話で簡単!

 

旅行券、旅行のカタログギフト、両方に一長一短ありますしどちらも魅力的なギフトアイテムであることには変わりはないと思います。

 

近年は両親への旅行のプレゼントの方法としてカタログギフトを選ぶ人が増えている傾向にはあるようですね。当サイトでもこちらの方法をご提案しています。

 

大手旅行会社の旅行券に比べて選択できるプランの種類は少なくなってしまうかもしれません。それでも北は北海道の温泉宿から南は九州、沖縄のリゾートホテルまで。全国各都道府県から厳選された充分なお宿が用意されています。

 

写真で紹介されているので具体的な旅のイメージが膨らみますし、例えば両親に贈ればページをペラペラとめくりながらお父さんとお母さんで相談しながらお目当ての行先を選んでもらえます。それは楽しい時間ではないでしょうか。

 

そして目的地が決まったら、そのカタログから商品番号を伝えて電話で予約ができます。ご年配の方でも安心、スマホやパソコンを使う必要もありませんし、店舗に出向く必要もありません。

 

公式サイトでは、カタログ収録内容の一覧を知ることができます。プレゼントする前に掲載内容などをじっくり確認したいですね。

 

 

お手軽な日帰り温泉旅行から5万円台、10万円以上の豪華版まで

 

旅行のカタログギフトはご想定のご予算に合わせて展開されています。

 

お手頃なら日帰りプランが中心の一冊から。こちらなら一万円以下、数千円台からあります。

 

ですが、高級な老舗温泉旅館や一流ホテルに一泊宿泊ならやっぱりそれなりのお値段になりますよね。基本ペアでのプランなので3万台や5万円台のコースなどです。

 

さらにスペシャルな一日をプレゼントなら、10万円を超える一冊のカタログギフトも販売されていたりします。こちらはやっぱり人生の記念日といった機会が相応しいでしょう。例えば、母親や父親の還暦祝い、古希祝い。両親の結婚記念日なら節目の金婚式、銀婚式、30周年、40周年といった瞬間でしょうか。

 

他にも父親の定年退職のお祝いにも相応しいでしょう。こちらも一生に一度ですしね。

 

当サイトでもおすすめの旅行のカタログギフトのブランドを取り上げています。是非参考にされてみてください。

 

 

エグゼタイム、リンベル、それとも?おすすめ3ブランド比較。カタログ利用者の口コミも!

 

エグゼタイムExetime

kazumiさん(@_q_12__)がシェアした投稿 -

 

→ 旅を贈るカタログギフトEXETIME

 

  • 温泉をメインコンテンツに体験商品が満載のカタログギフト。“大切な人にくつろぎの時間を贈りたい”そんな時のためのブランドです。
  • 湯宿共通クーポン、ホテル共通クーポン、レストラン、クルージング、和牛など人気メニューが網羅されているといった印象です。
  • 価格帯によって7種類のグレードで展開されています。旅行のプレゼントでお考えなら、宿泊プランが掲載されている3万円以上のカタログがおすすめ♪
  • 全ての商品ラインが極上レベルにグレードアップされた5万円代の一冊や、誰もが羨むような温泉やラグジュアリーなホテルが掲載された10万円以上のプラチナムな最上級の一冊も旅行券のプレゼントというイメージにピッタリです!


カタログご利用者の声はこちらから

 

 

リンベルRingbell

 

→ リンベル

 

  • 確かな品質と上質感、魅力的な商品バリエーションのカタログギフト大手ブランド。
  • 一般的なカタログギフトのイメージの捉われない進化したシリーズも展開されています。
  • 宿泊、日帰り温泉、お食事、ホテルスパの4ジャンル全10コースで展開されている『選べる体験ギフトシリーズ』が見逃せません♪
  • 旅行のプレゼントなら、選べる体験ギフトシリーズの『YADO COLLECTION』を!『とっておきの宿』、『おもてなしの宿』、『厳選の宿』とご予算に合わせて。

 

 

ソウエクスペリエンスSow Experience

ペリエ千葉さん(@perie_chiba)がシェアした投稿 -

 

→ Sow Experience 体験ギフトカタログ ONLINE STORE

 

  • 体験ギフトのパイオニア的ブランド。
  • あらゆるギフトシーン、年齢層、ライフスタイルの人にフィットする刺激やくつろぎの時間が満載!
  • 非日常体験を一冊にコンパイルしたカタログギフトを様々なバリエーションで展開されています。
  • 旅行のプレゼントなら、リゾートレストランと宿泊施設がセットになった『選べるオーベルジュチケット』を♪
  • 他のブランドではなかなか見つかないオリジナリティが魅力的です!


贈った人、もらった人。ご利用者の声はこちら

 

 

 

旅行のプレゼント、皆どうしてる?色んな人の口コミを集めています♪

 

義理の両親に

 

義理の両親にプレゼント。

 

物以外で、グルメも制限があるので良くないのでということで…やっぱり旅行かなと。
でも旅行券って金額が明示されているので、カタログギフトがいいかな…ってなりますよね。


 

 

券で。足りなかったらプラスしてもらって

 

旅行券でもいいかと。JTBとかの大手の。

 

例えば、金額的に足りなくても、ご自身でプラスしてお好きなところに行かれればいいですしね。

 

行先を限定してしまうのは、難しいですよね。
きっと素敵な思い出になると思います。


 

 

希望を聞いて予約、手配

 

私なら、両親に希望を聞いて自分が手配して支払いをするというパターンかな…。


 

 

車で行けるプランで

 

親に旅行を贈りたい。
二人とも好きでよく行っているので。

 

でも私はあまり温泉とか旅行の経験が少なくて、正直どういう風に贈るのか悩んでいます。
母の足があまりよくなかったりというのもありますし。

 

やっぱり車で行けるプランかなと。


 

 

気軽なお食事券も。

 

旅行って最高のプレゼントですけど、お二人の状況とか色々とあるのでいざ贈るとなったら、どういう風にどういった形で贈るかとか迷いますよね。

 

もっと気軽に楽しんでもらえるお食事券とかにしようかとも。


 

 

親なら何でも嬉しい

 

子供に何度か旅行をプレゼントしてもらったことがあります。

 

私たち夫婦は二人とも温泉や外出が大好きなので、どこでもなんでももらったら嬉しいですよ。

 

料理も海の幸、山の幸何でも頂きます♪
きっと皆さんのご両親もそうではないかと。

 

今度、北海道をプレゼントしてくれるようです。

 

旅行は基本車で移動です。
やっぱり楽ですし、年を取ると足腰が弱ってきますし。


 

 

意外と難しい

 

贈り物って色々ありますが、意外と難しいのが旅行ではないでしょうか。
だから旅行券ってあるんでしょうね。

 

旅行専門ブランドのカタログギフトが最も便利だと思います。


 

 

星のや

 

「星のや」での宿泊とか。

 

有名です。特別なおもてなしのリゾートステイですよね。色んな所にあったかと。

 

予約も取りにくいでしょうし、事前にとってあげて。
きっと素敵な思い出になると思います。


 

 

初任給で京都旅行を

 

初任給で両親に旅行をプレゼントしたいです。

 

大阪に住んでいるので、近場の京都旅行を考えています。
母が京都が好きなので。


 

 

旅行券も意外と制約が

 

JTBなどの旅行券も人気がありますね。

 

旅行券も、意外と制約があるので事前調べてからがいいでしょう。貰った人が手配する手間もありますし。

 

カタログギフトのようにカタログから旅や宿泊先を選べるものがあります。
カタログは贈る側からしたら、一番楽でしょうね。
貰う側も行先を選びやすいというメリットもあるでしょうし。
カタログギフトは予約も結構簡単だったりします。

 

もちろんもらう人は行きたい場所を言って全部手配してもらうのが一番楽なんでしょうけど。


 

 

現金

 

両親なら旅行がいいと思いますよね。

 

でもやっぱり何といっても一番は現金でしょうけど。


 

 

予算5万円、いつもよりワンランク上を

 

旅行券かカタログギフトかで迷っています。予算は5万円くらい。

 

いつも行っているところよりワンランク上のような温泉旅館やホテルの宿泊施設に泊まってもらいなと思っています。


 

 

ネットで手配してあげるなら

 

両親の希望を聞いて自分で予約してあげるなら。

 

ネットで予約したり、旅行会社を利用したり。
プレゼントを贈る側の人が支払いをすることも可能ですし。

 

例えば、ネットからの予約なら当日足を運んで宿泊して支払いという形がメインになりますが、電話などで直接問い合わせれば振り込みなどで対応してもらえることも多いですし。


 

 

汎用性

 

汎用性なら旅行券でしょう。

 

でも今はカタログギフトも専門ブランドの魅力的なものがありますね。
そちらもじっくりチェックしたいですね。


 

 

母親の退職祝いに

 

母親の退職祝いに温泉旅行。

 

3万円から5万円くらいの予算で考えています。ペアで。


 

 

事前にホームページを確認

 

旅行券って実は思ったより使い勝手が良くなかったりします。

 

その辺りは事前のチェックが必要かと。ホームページなどよく読んでおきたいです。
結構制限があるイメージなんですよね。


 

 

名前が違っても

 

予定を聞き出してこちらで手配してプレゼントもありですよね。

 

予約する人と実際に泊まる人の名前は違う名前でも可能ですし。


 

 

白川郷

 

白川郷へのバス旅行とかも。大阪から。


 

 

初任給で癒しの温泉を

 

初任給で両親に温泉をプレゼントしたい。

 

うちの親は二人とも毎日仕事で疲れています。
プレゼントなら温泉で疲れを癒してもらうしか考えられません。

 

サプライズで。事前に自分で手配してあげたいなと思っています。


 

 

大人の旅

 

子どもが宿泊できない旅館とかもありますよね。

 

まさに大人の旅。ゆっくり静かに過ごしてもらいたいなら。


 

 

四国

 

四国の温泉もいいですね。道後温泉、琴平温泉、祖谷温泉とか。

 

讃岐うどんはリーズナブルなのにおいしいですし。


 

 

クラブツーリズム

 

クラブツーリズムを利用して旅行に行きました。

 

国内ツアー旅行です。年齢層が高かった印象です。

 

手配してあげるなら、ご両親などへのプレゼントにもいいのでは。


 

 

歴史とグルメ

 

父は歴史が趣味。
母はグルメ。

 

この二つの大好物を満たす旅行を贈りたいなって。


 

 

 

伊豆、草津温泉、小笠原諸島辺りで考えています。


 

 

伊勢

 

伊勢もいいですね。

 

伊勢神宮も、内宮、外宮、別宮、遷宮記念館とゆっくりと。
鳥羽にはホテルがたくさんありますし。
伊勢海老とか海の幸も堪能できます。


 

 

北陸

 

海の幸のグルメ旅なら、北陸。

 

富山や石川県ののどぐろ、ズワイガニは絶品ですし。


 

 

サプライズで感謝の気持ちを

 

今大学三年です。来年から新社会人になります。
両親への感謝の気持ちを伝えるために旅行をプレゼントしたいと思っています。

 

二人はいつも忙しくしているので。
そのために貯金しました。
言ったら自分のために使えって言われそうなので、サプライズで考えています。


 

 

宮島

 

60代の父と母に。

 

大阪から安芸の宮島への旅をプレゼントしたいなと思っています。


 

 

 

近畿日本ツーリストで北海道旅行ツアーに行きました。


 

 

長野

 

長野もいいですよね〜

 

温泉、松本城、水がきれいなので蕎麦もおいしいです。


 

 

50代の両親に

 

50代の両親に。
兵庫県から2,3日の国内旅行を考えています。
温泉メインで。


 

 

草津&日光

 

草津温泉と日光を旅行されてみるのも。


 

 

両親の結婚記念日や母親や父親の還暦祝い、定年退職祝いに

 

旅行を贈りたい人といえば、真っ先に思う浮かぶのはやっぱり両親です。父親と母親でペアで温泉などに行ってもらって気分をリフレッシュ、もっと仲良くなってもらえたらすごくうれしいですよね。

 

旅行のプレゼントを贈るシーンや記念日といえば、父親や母親の還暦や古希といった長寿の祝い。二人の結婚記念日も。一大イベントの金婚式、銀婚式、30周年、40周年といった節目の年。父親や母親の定年退職祝い…。親の人生の記念日っていくつもあります。

 

旅行って本当に日常を離れる特別なひと時。心と体を癒してもらえます。大人の方に贈る気配りのあるスマートなギフトという感じがいいですよね。

 

さらには形としては残らないけれども思い出として心の中に、また記憶として頭の中に。いつまでも忘れることのない贈り物にしてもらえそうです。

 

 

→ カタログご利用者の声はこちらから